その1 60代女性|茨城 常陸太田市 那珂市 日立市 常陸大宮市 ひたちなか市 東海村 大子町

茨城県常陸太田市 常陸太田インプラントセンター 常陸太田インプラントセンタートップページメール相談室
スペース
歯を補う3つの方法
インプラントをすすめる理由
常陸太田インプラントセンター インプラントの実績
7つの成功のポイント
スペース

その1 60代女性

インプラント体験記【その1 60代女性】原文のまま紹介させていただいています。

⇒ 院長菊池
治療を受ける前のお困りの点・不安な点・心配事はありましたか?

⇒ 患者様
生涯自分の歯で食を楽しむことは誰にとっても理想ですが、それはほとんどの人にとって夢なのが現実です。私の周りでも50歳を過ぎる頃になると、多くの人が虫歯や歯周病などで1~3本は歯を失っています。

歯を失うと従来の治療法では歯科医の言うがままに、失った歯の隣在歯(健全歯)を削ってブリッジにする方法が主で、『この方が安定します』の歯科医の説明で治療を受けています。しかし、この方法も何年もしないうちに隣在歯も虫歯や歯周病になることが多いのです。

取り外し式入れ歯(部分入れ歯)もバネをかけた隣りの歯に噛む力が加わり、歯が動くようになり、歯周病になりやすくなります。もちろん、治療後の正しい歯みがきができていなかったことも大きな要因なのです。

私もこうしたことをくり返してきたひとりでしたが、ついに今回、人工の歯根によって神様からもらった自分の歯と同じような機能を持つ「インプラント」と出会うことができました。

インプラント治療については、新聞や雑誌などでとりあげられるようになって興味もあり、大まかながら知っているつもりでしたが、人一倍こわがりの私がそんな治療を受けることなど夢にも思わない、いや、ありえないことでした。そんな私が治療を受けようと決心したのは、娘の一言からでした。

『お母さん、これからの残された人生食べたいものが何でも噛める歯。おいしいものがおいしいと感じられる歯に治そうよ。インプラントはすばらしいよ。自分の歯と同じで、全く違和感がないの。1本30万円かかるけど、お金には換えられない価値があると思うけど』

こう私に話す娘は、乳歯が抜けた後に永久歯が生えてこない歯が1本あって、インプラント治療を受けた経験者でもありました。

インプラントに対する不安いっぱいの私に、まるで小さい子供をさとすように言いました。『手術は麻酔をかけてやるので全く痛みはないのよ。手術した日は個人差は少しあるけど、抜歯した日と同じぐらいの痛みで食事も軟らかいものなら食べられるの。』 などなど。

以上のことを聞いても不安はありましたが、娘の言葉を信じ、インプラント手術について私なりに調べ、地元で評判の菊池歯科クリニックに伺ったのです。

先生から現在の口の中の状態、診査結果、治療方法など詳しい説明を受けました。これまで散々歯科で嫌な思いをした私に、本当に納得のいくまで、丁寧にお話して下さいました。

十分納得のいく形で治療に入れたことは、医師と患者の信頼感を保つ意味でもとても大切なことだと思いました。

⇒ 院長菊池
手術を受けてみてどうでしたか?

⇒ 患者様
娘から詳しく聞いていたものの、私の歯科治療に対する異常なこわがりのハードルがあまりにも高く、先生はじめスタッフの方々の優しいお心配りがあったにもかかわらず、一回目の手術の緊張感は相当なものでした。

手術の痛みは全くなかったものの、骨を削る音は(さほど大きな音ではなかったのかもしれませんが)、緊張感のあまり耳もとで炸裂しているように感じました。二回目の手術からは余裕をもって臨めたことは良かったです。インプラントの認定医は少なく、その中でも手術経験豊富な先生に出会えたことは私にとってラッキーでした。

⇒ 院長菊池
治療が終わってどういう状態になりましたか?

⇒ 患者様
1年2ヶ月の間に、1次手術、2次手術とくり返し、そのたびに仮歯が形を変え、12本がインプラントになりました。12本中10本が奥歯ですので、噛む力は以前とは比べものにならない力強さを感じました。歯の輝きも自然で口の中は、花ならミントのようなさわやかさです。

⇒ 院長菊池
治療によって生活がどのように変化しましたか?

⇒ 患者様
「歯を食いしばって頑張る」などとたとえられるように、歯がガタガタでは、ここ一番という時に十分な力がでないのかもしれませんね。スポーツ選手が歯を大切にすることはよく知られていることです。

私も歯の治療が終わり、食事会では何でも食べられ、味覚も歯ざわりも自然の歯と同じで、インプラントであることも忘れるほどです。口は体の入り口。健康の面からも大切なところであるばかりでなく、歯が健康であることは集中力も増し、心までが軽やかになったような気がします。

以上、インプラント治療について思いつくまま書きました。
先日、新聞で「高齢者のよい歯コンクール」で最優秀になった方は、82歳で32本虫歯なし。その秘訣は、間食はせず、ひと口30回よく噛む、食後10分歯磨き。

こんなすばらしい方もいる一方で、厚生労働省の調査では、80~84歳の歯の残存数は8.87本とのこと。
これが現実とあらためて感じました。          以上

・院長菊池の感想・
上下左右奥歯と上の前歯に、合計12本のインプラントを入れました。たいへん恐がりの方でしたが、治療は大変スムーズに進めることができました。今回の体験記を読ませていただき、本当にこの治療をうけることは一大決心だったこと、そして、治療後の結果に大変満足されていることを知りました。

すすむ

  お電話でのお問い合わせ…0294-72-1888

  メールでのお問い合わせ…メールでのお問い合わせ こちらから!

このページのトップへ

オンライン予約
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0294-72-1888
診療時間内におかけください

メールでのお問い合わせ
メール相談室
24時間受け付けております。

常陸太田インプラントセンター クリニック紹介 インプラント インプラントの種類 インプラント症例 治療費について インプラント体験記

メール相談室

リンク

茨城県常陸太田市の歯医者 常陸太田インプラントセンター医院案内

所在地
〒313-0004
茨城県常陸太田市馬場町85-1
KKビル2階

電話番号
0294-72-1888
診療時間
月曜日~金曜日
9:30~12:00/14:00~18:00
休診日
曜・日曜・祝日

スペース