インプラントをおすすめできないケース|茨城 常陸太田市 那珂市 日立市 常陸大宮市 ひたちなか市 東海村 大子町

茨城県常陸太田市 常陸太田インプラントセンター 常陸太田インプラントセンタートップページメール相談室
スペース
歯を補う3つの方法
インプラントをすすめる理由
常陸太田インプラントセンター インプラントの実績
7つの成功のポイント
スペース

インプラントをおすすめできないケース

その人にとってインプラント治療が最善の選択になるとは限らないこともあります。
骨の量が少なすぎる場合や、口が少ししか開けられない場合、その他、何よりも自分の口の中の管理がしっかりできない方の場合には、インプラントはおすすめできません。

インプラントをおすすめできないケース ・解剖学的理由 ・手術上の理由 ・全身的な理由 ・自己管理の問題 ・喫煙のリスク

プラーク 歯垢 歯周病事故や矯正治療などで歯を失った場合は別として、
そもそもあなたはなぜ歯を失ってしまったのでしょうか?その原因は何だったのでしょうか?

虫歯? 歯周病?

どちらにしても、
原因はお口の中に存在するばい菌による細菌感染です。

虫歯なら虫歯菌、歯周病なら歯周病菌です。インプラントは人工物ですので虫歯にはなりませんが、歯周病に似た症状がおきます。歯周病の大半は歯の歯周組織の炎症によっておこる歯周炎です。この場合、歯ではなくてインプラントですので、「インプラント周囲炎」という病気にかかりやすくなります。

インプラントイメージ現在、日本人成人のおおよそ80%が、歯周炎にかかっていると言われています。ということは新しく入れたインプラントの周囲もきちんと治療や予防をしていかなければ、やはり歯周病菌の感染におちいりやすいのです。

もしも、あなたが歯周病で歯を失っているのであれば、以前は歯を失うほど重症の歯周病菌の感染があったということですよね。よほど慎重に歯周病原菌のコントロールをしていかないと、以前の歯と同様に悪くなる可能性があります。

 

 

誤解のないように言いますが、インプラントは決して万能ではありません。天然歯と比較して、特別感染に弱いとは思いませんが、やはり歯周病に対する備えは必要です。

プラークはバイキンのかたまりだよ例えば、口の中の他の部位に重症の歯周病がある場合などは、その悪くなっている歯からインプラントの周りへ、歯周病菌がどんどん移ってきてしまうこともあります。このような場合は、お口の中全体をよくみていき、本当に重症の歯をあらかじめ抜歯するなど、リスクを減らすなどの対策が必要です。

つまり、ただ歯がないところにインプラントを入れるということではなく、お口の中全体を見渡して、リスク管理をする必要があるという事です。

 

 

現在主流となっているインプラントは、その主材料がチタン合金です。チタン以外の他の材料であれば、免疫反応が起きて炎症がおこるのですが、チタンは生体親和性が高く、骨や歯肉と接していても炎症がおきません。

ただし、これはあくまでチタンがきれいになっている場合の条件です。チタン表面に汚れがべったり付いている状態では、やはり炎症は起きますし、当然、歯石もついてきます。

例えて言うと、インプラントが入っている状態とは、お口の中に、特殊な「トゲ」が刺さっている状態と言えるかもしれません。

その「トゲ」はもちろん普段びくともしない状態ですが、不潔にしておくと歯周病菌が増えてしまい、周りの骨が溶けてしまいます。それが続くと、最悪、インプラントを撤去しなければならなくなるかもしれないということになります。

少し恐ろしい話をしてしまいましたが、少なくともこうした事実は、包み隠さずお話しした方がよいと思います。

ですから、インプラント治療後は、「歯周病予防に積極的に取り組まないといけない」ということになります。

歯

 

この話を聞いて、あなたは

  • 「インプラント治療って大変だな」
  • 「その後の予防が果たしてできるのかな」

という不安をお持ちになったかもしれません。

  • 「自分は歯磨きに自信がないし、大丈夫なのかしら?」
  • 「せっかく入れたインプラントが、長持ちしないのでは意味がないのでは?」

心配ですよね。

でも、実際インプラント治療の成功率は、どの文献を読んでも、10年後で約92~95%程度です。
私の臨床実感としても大体同様の成功率と考えています。

インプラントイメージ大半のインプラントが5年経過したときに、周囲の骨にほとんど変化がない。あってもわずかに下がる程度というのが多いです。5年経って安定している場合、何か特別な変化がない限りは、その後もずっと安定していくものと考えています。

特別な変化とは、他の歯が失われたりして咬み合わせが変わってしまったとか、全身的な病気をしたとか、歯ブラシがうまくできない状態になってしまったとか、非常に歯ぎしりをするようになってしまったなどでしょうか。

特に最初の1年を問題なく経過して、インプラント周囲の骨がしっかりと固まってくると安定します。この結果は、ある程度レントゲン検査などでわかりますので、骨が安定するまでの間は、3ヶ月ごとを目安に骨の状態をチェックしておく必要があります。

 

 

適切な診断のもと、適切なインプラント埋入手術が行われると、そのほとんどがしっかりと、かめるようになります。

定期健診そして、特にインプラントだから特別歯周病に弱いということもなく、通常の歯と同様のお手入れをしておけば、他の歯と同じように長く快適に使用することができますインプラントを長持ちさせるために、このようにインプラントのメンテナンスの重要性を十分にわかっていただきたいのです。

実は、インプラントの治療終了後は、全く違和感もなく、快適に使えるケースが多いため、メンテナンスは大切と思いながらも、ついつい後回しになってしまうことが少なくありません。

快適に使えているということで、定期的な検診やメンテナンスが面倒になってしまったり、おっくうになってしまい、何年も通院しなくなる方が時々いらっしゃいます。なにか自覚症状があれば来院するのでしょうが、なにか症状や問題があってからでは遅いのです。

インプラントイメージもちろん、あなたの他の歯のメンテナンスも大切です。絶対に治療後の定期管理は大切と考えてください。それが、インプラントを長持ちさせる最大の秘訣です。

その他、様々な理由からインプラント治療をおすすめできないケースもあります。骨の絶対量が不足している場合やヘビースモーカー、特別な全身疾患を持っている場合などです。

あえてインプラントを行うとなると、かなりのリスクを伴うこともあります。このあたりは担当の先生と十分に相談が必要です。

 

 


<<戻る
インプラント成功の7つのポイント

次へ>>
よくある質問

  お電話でのお問い合わせ…0294-72-1888

  メールでのお問い合わせ…メールでのお問い合わせ こちらから!

このページのトップへ

オンライン予約
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0294-72-1888
診療時間内におかけください

メールでのお問い合わせ
メール相談室
24時間受け付けております。

常陸太田インプラントセンター クリニック紹介 インプラント インプラントの種類 インプラント症例 治療費について インプラント体験記

メール相談室

リンク

茨城県常陸太田市の歯医者 常陸太田インプラントセンター医院案内

所在地
〒313-0004
茨城県常陸太田市馬場町85-1
KKビル2階

電話番号
0294-72-1888
診療時間
月曜日~金曜日
9:30~12:00/14:00~18:00
休診日
曜・日曜・祝日

スペース