歯を補う3つの方法|茨城 常陸太田市 那珂市 日立市 常陸大宮市 ひたちなか市 東海村 大子町

茨城県常陸太田市 常陸太田インプラントセンター 常陸太田インプラントセンタートップページメール相談室
スペース
歯を補う3つの方法
インプラントをすすめる理由
常陸太田インプラントセンター インプラントの実績
7つの成功のポイント
スペース

歯を補う3つの方法

 ブリッジ
 取り外し式入れ歯
 インプラント

ブリッジ歯が一本抜けた時のブリッジ・複数の歯が抜けた時のブリッジ

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って、かぶせ物をして、橋をかけます
橋をかけるのでブリッジと呼ばれている治療法です。

ブリッジは固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。
また、しっかりと両隣の歯に固定されているために、食べるときも、違和感も少なく、美味しく食べることができます。

 

しかし、ブリッジにも問題点がいくつかあります。
まず、両隣の歯で支えますので、一番奥の歯が抜けてしまうと支える歯がなくなってしまい、ブリッジをかけることができなくなってしまいます。
さらに、ブリッジも両隣の歯で支えますので、この支えている歯に負担がかかってきます。

このように、見た目には歯の噛み合わせを増やすことはできますが、実際歯の本数は増えていませんので、残った土台の歯が負担加重になってしまいがちなのです。

 

例えば、1本無くなってしまった歯を両隣の歯で支えるとすると、これまでは3本でやっていたことを2本でやることになります。
支えている歯には大きな負担がかかり、状態にもよりますが、10年ぐらいで支えている歯が悪くなってしまうようです。

岡山大学の調査によると、ブリッジの平均残存期間は10.5年となっています。

 

また、ブリッジの場合、支える歯の周囲を削ってかぶせものをしますので、本来削らなくてもよい健康な歯を大量に削らなければならないというデメリットがあります。

さらに、あなたのお口の中で何十年もかけて作られてきたあなた固有の本来のかみ合わせが変わってしまいます
その他、神経のある歯ですと、かぶせた後でも、しばらくしみて痛いこともあります。


 取り外し式入れ歯
奥歯が抜けた時の部分入れ歯

 

 

 

これは保険が適用されるので、非常に安く、手軽に作ることができます。
入れ歯の良い点は安く、手軽に、短期間に作ることができる
ということです。
しかし、入れ歯には様々なデメリットがあります。

まず、入れ歯はとても口の中に違和感があります。

総入れ歯になると、女性の握り拳ほどの大きさを口の中に入れるのですから、違和感がないわけないのです。
特に、「あげ」のついた上の入れ歯(口蓋を覆うような入れ歯)になると、食べ物の味や熱さを感じられなくなってしまいます。
そして発音も難しくなります

入れ歯 義歯また、部分入れ歯の場合、入れ歯を固定するために、入れ歯の隣の歯にバネのようなものをかけます。
この支えにされた方の歯はたまったものではありません。噛むたびに、上下左右に揺さぶられ、力を加えられ続けます。
長い時間をかけて上下左右に揺さぶられると、歯が抜けてしまうのです。
実際、バネをかけられてしまった歯は5年以内に抜けてしまうことが多いようです。

バネをかけていた歯が抜けてしまうと、その分、部分入れ歯を大きくして、次の歯にバネをかけ、またバネをかけていた歯が抜けて、ということを繰り返し、総入れ歯に着実に近づいてしまうことになるのです。

しかも、特に前歯ではこのバネが非常に目立ってしまいます。
見た目は良くないです

さらに、入れ歯の場合、ブリッジのように固定式ではなく取り外し式なので、キレイにするために毎日手入れをしなくてはなりません。
これが手間がかかるだけでなく、
「他の人に見られると恥ずかしい」ということになります。

総入れ歯になると、自分の歯よりも噛む力が弱くなります。

どんなに良い義歯、最高の義歯をつくったとしても、元々の天然歯に比べて、1/4~1/5の力でしか噛むことができません。

しかも入れ歯を入れると、入れ歯を支える土手の歯ぐきには大きなダメージが起こります。
土台の骨は、入れ歯を入れることによってどんどん吸収していきます。平均して1年に1mm程度の骨が吸収していくというデータもあります。

つまり入れ歯を入れると、入れ歯の害によって、土手の骨の吸収が早まってしまうのです

 

  • 「大好きなたくわんが食べたい」
  • 「おせんべいをバリバリ食べたい」
  • 「大好物のステーキがかみきれない!」

歯があるときには当たり前だったことが、入れ歯になってしまうとできなくなります。
美味しい物を自分の歯でしっかりかみしめて食べることがいかに素晴らしいことか。これはもうおわかりでしょう。

インプラント現在、日本では8020運動といって、80歳のときに20本、歯を残そうという運動を厚生労働省が中心となって行っております。しかし、現実は80歳になった時に平均6.8本しか残っていません。

それは、歯が抜けてしまった後に入れ歯を入れて、
バネをかけていた歯がつぎつぎと抜けていくことが大きな原因になっています。

このように入れ歯というのは確かに、安くて、手軽に、気軽に、短期間で作成することができます。しかし、安くできるということの代償として、土手となっている歯ぐきを痛めつけ、残っている歯には大きな負担をかけているのです。


 インプラント
歯が一本抜けた時・複数の歯が抜けた時・奥歯が抜けた時
インプラント

インプラントのメリットは、ブリッジと入れ歯の欠点がないことです。

インプラントというのは、人口のチタンでできたネジのようなものを歯の根っこの代わりとして顎の骨の中に埋め込み、その上にかぶせ物を装着するというものです。

天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。

したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません。

インプラントを入れることによって、隣の歯を守ることになるのです

さらに、インプラントは顎の骨の中に植わっていますので、噛んだときの感触やかみごたえが自分の歯に限りなく近い感覚になるのです。

そして、脳への刺激も強くなりますので、
これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると、多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。


次へ>>
趣味のインプラント 仕事のインプラント

  お電話でのお問い合わせ…0294-72-1888

  メールでのお問い合わせ…メールでのお問い合わせ こちらから!

このページのトップへ

オンライン予約
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0294-72-1888
診療時間内におかけください

メールでのお問い合わせ
メール相談室
24時間受け付けております。

常陸太田インプラントセンター クリニック紹介 インプラント インプラントの種類 インプラント症例 治療費について インプラント体験記

メール相談室

リンク

茨城県常陸太田市の歯医者 常陸太田インプラントセンター医院案内

所在地
〒313-0004
茨城県常陸太田市馬場町85-1
KKビル2階

電話番号
0294-72-1888
診療時間
月曜日~金曜日
9:30~12:00/14:00~18:00
休診日
曜・日曜・祝日

スペース