HAインプラント|茨城 常陸太田市 那珂市 日立市 常陸大宮市 ひたちなか市 東海村 大子町

茨城県常陸太田市 常陸太田インプラントセンター 常陸太田インプラントセンタートップページメール相談室
スペース
歯を補う3つの方法
インプラントをすすめる理由
常陸太田インプラントセンター インプラントの実績
7つの成功のポイント
スペース

HAインプラント

常陸太田インプラントセンターでは
Zimmer Dental社製Calcitek HAインプラント(ハイドロキシアパタイトコーティング型インプラント)を積極的に利用しています。

HAインプラントはチタンの表面に使われている材料がハイドロキシアパタイトと呼ばれ顎の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。

ハイドロキシアパタイトとは?

成人の体内には約1kgのカルシウムがあり、そのうち99%はリン酸が生成した「ハイドロキシアパタイト(骨塩)」として骨に存在しています。

ハイドロキシアパタイトとは歯や骨を構成するリン酸カルシウムで出来た成分のことです。
エナメル質97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトから構成されており、歯磨剤に混入されているものもあります。
エナメル質の表面には、肉眼では見えませんが、微小欠損(小さなきずのようなもの)が無数に存在します。

しかしこれはエナメル質が溶解し始め、虫歯になりかける「脱灰」に繋がります。

ハイドロキシアパタイトは唾液中のミネラルイオンに働きかけて、 初期の虫歯や、微小欠損の再石灰化を促進させます。
Caとリン酸反応で合成され、湿式合成、水熱合成などで人工的にも作られます。

HAの用途として、インプラントの表面のコーティング剤としての使用や、人工骨、初期虫歯が治る歯磨き等をはじめとし、消臭剤、ウィルス用マスクのウィルス吸着剤、重金属吸着剤など幅広く利用されています。

 歯科インプラントへの応用
ハイドロキシアパタイトのチタンの表面へのコーティング

【 利点 】

ハイドロキシアパタイトは人間の骨の成分に近いので生体親和性が高い

HAコーティング系はインプラント体周囲の骨形成(骨伝導能)がチタン系に比べ、早く、広範囲に強固にインプラント体と結合するといわれています。

※ バイオインテグレーション(骨結合)
ハイドロキシアパタイトそのものが骨の成分で骨伝導能を持つので、骨のコラーゲンとインプラント表面のHA結晶との間にカルシウムブリッジと呼ばれる生化学的相互作用が起こります。

オッセオインテグレーションとは実際には骨とインプラント体の結合がなく、下の電子顕微鏡の写真でもわかるようにすき間が少しあいていることがわかります。

これに対し、HAインプラントはバイオインテグレーションといい、周囲骨との間にはカルシウムが沈着し顕微鏡でみるレベルでも骨と生化学的に結合します。

HAコーティングインプラントが素材として優れている理由にはまさにこのバイオインテグレーションによるものです。

通常のインプラント表面はチタンですので、生体不活性の材質となりますが、生体と似た性質をもつHAコーテイングがされることによって、生体活性(バイオアクティブ)となり、骨伝導能があると言われています。

そのため、骨質の悪い場合や、抜歯即時埋入など、インプラントを埋める場所とインプラントの間にギャップがあっても、骨を引き寄せるようにインプラントが根付いてくれることが多いです。

オッセオインテグレーション

チタン製のインプラントがオッセオインテグレーションを獲得する為には、手術で骨を削る時、インプラント表面と骨の間隙を数十ミクロンレベルの精度で削る必要があります。

なぜ精密に削らなくてはいけないかというとインプラントとドリルで削った骨に隙間があると、骨とインプラントがくっつかないのです。

ということは、ドリルで削っている時に、中心がずれたり、ドリルがブレたりしてしまうとインプラントはくっつきません。
極めて正確なドリル操作が必要となってくるわけです。

また、骨の状態が悪いケースで、骨梁がないような場合ではオッセオインテグレーションを行うことはできません。

それに対してHAインプラントは、かなり、骨との間隙があってもバイオインテグレーションすることが分かっているため、 ある程度隙間のある削り方や骨の状態が悪い場合でも高い成功率があります。

HAインプラントに対する不安要素

以前、粗悪な製品が出回ったこともあり、HAコーテイングは剥がされるのではないか?
感染しやすく進行が早いのではないか?

などといった疑問の声が聞かれますがHAインプラントの臨床はすでに15年を経過しています。

HAインプラントによる使用率・支持率は米国でも 予想以上に高く、特にカルシティックHAインプラント治療成功率は99.5パーセントです。

現在複数のメーカーから、HAコーテイングインプラントが販売されていますが、現在の所、最も実績があり、信頼性の高いものがカルシテックHAインプラントといわれています。

▽カルシテックインプラントのホームページ
http://www.hakuho-d.com/products/implant01.html

そのため、常陸太田インプラントセンターでは、症例によっては積極的にこのHAインプラントを使用し、成功率を高めています。

 

チタン

HA
結合様式 オッセオインテグレーション バイオインテグレーション
治療期間 約6ヶ月から12ヶ月 約3ヶ月から6ヶ月
適応症例 患者様の骨の状態により適応できない場合もある。 適応症例がチタンよりも幅広くなった。

  お電話でのお問い合わせ…0294-72-1888

  メールでのお問い合わせ…メールでのお問い合わせ こちらから!

このページのトップへ

オンライン予約
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0294-72-1888
診療時間内におかけください

メールでのお問い合わせ
メール相談室
24時間受け付けております。

常陸太田インプラントセンター クリニック紹介 インプラント インプラントの種類 インプラント症例 治療費について インプラント体験記

メール相談室

リンク

茨城県常陸太田市の歯医者 常陸太田インプラントセンター医院案内

所在地
〒313-0004
茨城県常陸太田市馬場町85-1
KKビル2階

電話番号
0294-72-1888
診療時間
月曜日~金曜日
9:30~12:00/14:00~18:00
休診日
曜・日曜・祝日

スペース